【その他】失敗しない早起きの方法とは?私はこれで早起きに苦痛を感じなくなりました。

f:id:nbacamp:20190831112309j:plain


みなさんこんにちわ!Nキャンです。

 

以前に下の記事を更新いたしました。

 

www.nbacamp.blog

 

この記事では早起きのメリットを記載させていただきましたが、「早起きのメリットはわかったけどそもそも早起きが苦手」という人が多いと思います。

 

早起きが苦ではなく簡単に早く起きる人もいるとは思いますが、そういう人ばかりではありませんよね。

 

なので、今回は私が実際に行なっている早起きの方法をご紹介したいと思います。

 

ちなみに早起きをしてストレスを感じる人は無理に早起きをしなくてもいいと思います。

しかし早起きをしたいけど早起きが苦手という人の参考になればと思います。

 

あくまで私が実践している早起き方法なので参考までに見ていただきたいです。

 

ぜひ最後まで読んでください。

 

1.意識的に太陽の光を浴びる

まずはこれです。日中に太陽の光を浴びると夜ぐっすり眠れるという研究結果が出ています。

 

夜ぐっすり眠れると朝の早起きがかなりスムーズになります。

 

睡眠は量より質とよく言われますが、本当にその通りだと思います。

 

実際私も日中室内でこもっている日よりも外で活動をしていた日の方がよく眠れます。

 

意識的に太陽の光を浴びようとすると外に出るということが付随してきます。

 

外に出るとやはり室内でこもっているときよりも活動量が多くなることから、夜もぐっすり眠れるという点も考慮すると意識的に太陽を浴びることで睡眠の質がぐっと上がり、早起きがより楽になると思いますので、ぜひ太陽の光を浴びることを意識してください。

 

また、太陽の光を浴びることで睡眠の質がぐっと上がるという根拠や研究結果の詳細は一回ググってみてください。私みたいな素人が下手にネットの情報を記載するよりも専門家が書いている記事をとかを読んでみる方が良いと思います。笑

 

2.朝の楽しみを作る

朝の楽しみを作ることで早起きに対する苦痛が和らぎます。

 

実際に私も実践していることなのですが、朝にしかできないことを見つけると良いと思います。

 

私は今は、朝の散歩を楽しみにしています。今の季節は日中はすごく暑くて、外に出て少しでも歩くとすごい汗をかいてしまいますよね。

 

しかし、早朝はというととても散歩に適した気温になっております。

 

適度に風が吹いていて少し涼しくて心地よい気候になっております。

 

また、30分程度散歩するとじわっと汗をかくので帰ってきてからシャワーを浴びるととんでもないくらい気持ちが良いです。

 

私はこの散歩からのシャワーという至福の一時を過ごすことを楽しみにして早起きをしているといっても過言ではありません。(少し盛りました。)

 

3.カーテン全開で寝る

カーテンを開けて寝ると朝の太陽の光で目覚めることができます。

 

うるさい忌々しい目覚ましの音ではなく清々しい太陽の光で朝目覚めるとなんだか幸せな気分なります。

 

ましてや今の季節は日の入りが早いので太陽の光を早朝に浴びることができます。

 

騙されたと思って一回カーテン全開で寝てみてください。

個人差はあるかもしれませんが、心地よい朝を迎えることができますよ。

 

4.目覚ましを止めてからとりあえず一回伸びをする。

とりあえず一回大きな伸びをしてみてください。

大きな大きな伸びです。なんだか気持ちが良くなってきます。

大きく息を吸って伸びをして大きく息を吐きながらダラーってしてみてください。

それを3〜5セットしてみてください。

なんだかすっと目が覚めます。そしておまけに伸びをしてから一回立ち上がってみてください。

 

するとびっくり!!!起きれちゃいます!!!

 

これは画期的な早起き方法なので最後に持ってきちゃいました。

Nキャン式早起き方法とでも名付けましょうか。

 

とまぁ冗談はさておき(実は本気、、、)私はこの方法で実際に毎日朝起きてます。

もはや癖といってしまってもいいとは思いますが、自分でもなかなか素晴らしい早起き方法だと本気で思っております。

 

なにも研究結果や根拠などは知りませんが(調べとけよ)私の一押しです。

 

 

まとめ

早起きできる方法を4つ紹介してみました。

無理して早起きをして自分のストレスになるなら早起きはするべきではないと思います。

あくまでも私の早起きの方法を紹介しましたが、自分にあった早起きの方法や工夫をしてみると良いかもしれませんね。

一人でも多くの人に参考になれば幸いです。

とりあえず一回早起きしてみてください。自分の時間を作ることができちゃうと早起きが癖になっちゃいますよ。(多分笑)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

でわ!