【オススメ】キャッシュレス化はメリットばかり

こんにちわ。Nキャンです!

 

f:id:nbacamp:20190806173920j:plain


 

本日は私が実践しているキャッシュレス化についてお伝えしていきたいと思います。

 

 私は過去にこういうツイートしております。

 

 

 

私がこのツイートしたのが2019年6月7日です。

キャッシュレス化を目指して約2ヶ月が経過しました。

本記事ではキャッシュレス化を目指した中で私が行ったことや意識したことについてお伝えしていきます。

 

1.スマホ決済アプリの活用

 

スマホ決済の良いポイントとして、

 

・利用履歴がアプリですぐに確認できる。

・財布を持ち歩かなくてもスマホがあればお会計ができる。

・ポイントの還元やキャンペーンなどがある。  

 

 上記のメリットを私を大いに感じております。

 

コンビニとかでレシートをもらわなくても「いつ」「どこで」「どれだけ」の金額を使ったのかをすぐに確認できる。

これはついついお金を使いすぎて給料日前に「なんで今月はこんなにお金がないんだろう」と嘆いている人にとってはありがたいことではないでしょうか。

そうです。現実逃避ができないのです。

自分が使ったお金と向き合うことができるのです。

 

しかし、 来年の東京オリンピックに向けて日本では多くのスマホ決済アプリが参入してきたことにより多くのスマホ決済アプリが乱立しております。

 

特に最近CMでよく見かける「Pay Pay」「LINE Pay」などはご存知だと思います。

しかし、さらに各種コンビニメーカーから「〜Pay」が出てきたり、メルカリのメルペイなど数多くのスマホ決済アプリがありますよね。

 

なので、多くの人が「どれを使ったらいいのかわからない。」と嘆いていると思います。

 

また、さまざまなスマホ決済アプリを使っている人もいると思います。

「私は一つのアプリに絞るのが賢明だと思います。」

 

なぜかというと多くのアプリ使うとポイントが分散されるからです。

 

ポイントの使い道はアプリによって異なることが多いので、分散されると合計では多くのポイントが溜まっていても使い道が限られてしまいます。

なので一つのアプリに絞って活用していくのがおすすめです。

 

ちなみにどのスマホ決済アプリが良いかは人それぞれですので、ご自身がよく使うお店などを鑑みて決めていただくといいと思います。

色々調べるのは手間だと思いますが、この労力が後々プラスになって返ってくるので頑張りましょう。

 

2.電子マネーの活用

 

私は電子マネーを活用しようと思い、オリコカードを申請しました。

 

なぜかというと

オリコカードには「iD」「QUICPay」を搭載されているからです。

 

基本的に私は「iD」を活用してます。

 

特に意味はないですが、「QUICPay」よりも使える店舗が多いと感じるからです。

これは地域やよく使う店によって異なると思いますが、クレジットカードで両方搭載されているのはオリコカードだけです。(Nキャン調べ)

 

最近では「iD」が使える自動販売機なども多く見かけるので小銭を出す手間も省けます。

 

電子マネーのを活用してよかったと思う点は上記に記載したスマホ決済とほぼ同じです。

 

ただ、まだまだスマホ決済アプリを導入している店は少ないと思いますので、スマホ決済を導入していない店では基本的に「iD」で支払いをしています。

 

「iD」での支払いができないときはクレジットカードを使用しております。

 

 

 

まとめ:キャッシュレス化にしてよかったと思うこと

 

1.荷物が減った。

2.お会計がスムーズになった。

3.自分の支出を細かく管理できるようになった。

4.ポイントの活用でお得に買い物等ができるようになった。

 

 1.ちょっとした買い物で財布を持ち歩くことがなくなり、荷物が減ってすごい楽になりました。

(現金のみの会計のお店には注意しましょう。)

 

2.レジの前で小銭を探したり、財布の中身を探らなくてよくなりお会計がスムーズになった。また、お釣りをもらうこともなくなったのでさらにお会計がスムーズに。

 

3.アプリなどで自分の支払いが確認できるので、レシートをもらわなくても細かく管理できるようになった。

(消費・浪費の区別がつきやすくなった。)

 

4.現金では貯まることのないポイントがたまりポイントを活用してお得に買い物ができるようになった。

 

以上です。

 

ぜひみなさんキャッシュレス化を目指してレジの混雑の解消やポイントの活用をしてお得にストレスフリーにお買い物をしましょう。笑

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

でわ!