【その他】サラリーマンの私が筋トレを習慣化させたコツ

こんばんわ!Nキャンです。

 

僕は筋トレを始めて2年が経過しました。

 

正直最初は続けるのが難しくてたまーにサボることがありました。

けど今では筋トレを習慣化することができ、時間があるのに筋トレをサボるということが全くありません。

 

そんな僕が筋トレを習慣化したコツを書きたいと思います。

 

1.理想の自分の姿を想像する。

 

僕は体がゴツくなりたいので筋トレを始めました。

すごーくガリガリで細いことがコンプレックスでした。(今でも細いですが)

外国の俳優さんであったりNBA選手であったりと体がゴツくでかっこいい人みたいになりたいと思い、様々な画像や動画を見ていました。

 

そして筋トレをサボりたいと思ったときは上記にあげたかっこいい人たちの姿を思い浮かべて自分がそのような体になっていることを想像するのです。

そしたら勝手にワクワクして、ジムに向かうようになりました。

 

ダイエットが目的で筋トレしている人は、自分が痩せて素晴らしい体型になっている姿を想像する。

健康のために筋トレしている人は、いくつになっても健康で元気な自分の姿を想像する。

モテるために筋トレしている人は、モテている自分を想像する。笑

 

実際に自分の目指しているものを想像すると自然と意欲が湧いてきてジムに向かっています。

すると勝手に習慣化しています。

 

2.嫌でもジムに行く

 

どんなにテンションが上がらなくてもジムに行きましょう。

行ったら勝手にやる気がでます。

僕の体験談ですけど、やる気は待ってても出ません。

やってたら勝手にやる気は出ます。

 

今日は体が疲れているから軽めにしようと思ってジムに行っても、やり始めるとがっつりやってしまうということが多々あります。

とりあえずジムに行きましょう。行ってみてそれでもやる気が出なければ帰ればいいのです。けど安心してください。やる気は出ます。

(やる気って関西弁?)

 

3.ジムに近くに住むor近くのジムに行く

 

習慣化以前に時間は有限です。時間にお金をかけましょう。

このことについてはまた別の記事したいと思います。

 

「2.嫌でもジムに行く」ためにも必要なことですね。

ジムが近いととりあえず行こうという気になれます。

僕も当初は家から5分の市営の体育館のジムに通っておりました。

どんなけめんどくさくてもとりあえず行こうという気になれます。

今はジムまで20分かかりますが、習慣化できているので問題なしです。

ただ、9月に家から近いジムができるので絶対そっちに通います。

 

ジムに行くことに対して抵抗が少なければ少ないほど習慣化は簡単になると思います。

 

4.家トレよりもジムトレ

家トレがダメという訳ではありません。

家トレはすぐサボることができるので辞めるのが簡単です。

しかし、ジムトレはジムに行くというハードルさえ乗り越えればOKです。

家トレは始めてもすぐにやめれます。ちょっとめんどくさくなったり違う用意を思い出したらすぐやめることができます。

ジムトレはそういうわけには行きませんよね?月会費を払っていたらなおさらです。

ジムの月会費は投資ですのでケチらないようにしましょうね。

また、ジムにはいろんな人がいます。体がすごくごつい人やスタイル抜群の人、いろんな人が必死に努力している姿を見たら自分もせずにはいられません。

家トレよりジムトレの方が圧倒的に習慣化できます。

 

 

とまぁつらつらと自分の体験談をもとに習慣化することを書きました。

ちょっとでも参考にしていただければ嬉しいです。

 

ちょっとまだ起承転結がうまいこといっていない気もしますが自分の伝えたいことは伝えられたかなと思います。

これからもっともっとみなさんが読みやすく理解しやすい記事を書けるように精進してまいりたいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

f:id:nbacamp:20190701212652p:plain

でわ!