1日の生産性を高めるためにルーティン化しているもの2選

ライフハック
悩める人
悩める人
1日をもっと生産性を高めて送りたいけど、何をしたらいいんだろう。

やることがいっぱいでいつも頭がパンクしそう。

今回はこういったお悩みを解決するための方法を紹介します。

この記事を読むと生産性のある1日を送ることができることができます。

Nキャン

Nキャン

実際に私が実践していて効果のあるものを紹介しています。

ルーティン化することによるメリット

決断の回数が減る

人は1日に9000回もの決断をしていると言われています。

ただ、この9000回も明確な根拠がなく、35000回とも言われてます。

要するに自分では意識していなくてもこれだけ多くの決断をしているなんて驚きですよね。

例えば

今日の朝ごはんは何にしようかな。

パンにしよう。

今日はどの服を着ようかな〜。

この服にしよう。

こんな風にみなさん日常で決断していることって多くないですか?

決断するっていうのは脳が多くの要素を整理・検索・比較するといった処理を行なっています。

小さな決断でも脳にはある程度の負荷はがかかり疲れてしまいます。

脳が疲れてしまうと、大きな決断をするときに脳のパフォーマンスが下がっているために正しい決断ができないのです。

脳が疲れてしまうことは決断力の低下から1日のパフォーマンスが下がってしまいます。

Nキャン
Nキャン
すなわち生産性のある1日を送ることができないのです。
POINT日々の生活の一部をルーティン化することで決断の数を減らし生産性のある1日を送ることができます。
時間が増える
日々の生活の一部をルーティン化することで悩む時間や決断する時間が減り時間が生まれます。
上記でもお伝えしましたが小さな決断から大きな決断まで含めて1日9000回程度の決断がされているとしたら、どれだけの時間が消費されているか一目瞭然ですよね。
「生活に支障のない範囲で決断の回数を減らしてあげる=ルーティン化する」ことで今までより多くの時間を生み出すことができるのです。

おすすめルーティン紹介

朝食・昼食は毎日同じものを食べる

私は朝食・昼食を固定しています。

私は昼食はお弁当を持参しているのですが、毎日朝食の前にお弁当の準備をしています。

朝の早いうちにお弁当の準備と朝食を摂っています。

私の持論では1日の始めの段階での決断を少なくすることが重要だと考えています。

1日の始めに多くの決断をしてしまうと残りの1日のパフォーマンスが下がってしまうからです。

なので私は毎日朝食と昼ごはんは同じものを食べてます。

同じ服を着るor曜日を決める

私は平日はスーツを来て出社しています。

スーツは3着持っていますが曜日によって着るスーツと中のシャツを決めています。

また、靴下も同じ真っ黒のを5足持っているのでいつも同じ靴下を履いてます。

毎日今日はどのスーツを着ようかなぁという悩む時間も決断も減ります。

また、休日は同じ服を着ています。

そのため同じ服を何着か持っています。

かの有名なマークザッカーバーグ(Facebookの創業者)やスティーブ・ジョブズ(Appleの設立者)も毎日同じ服を着ていたそうです。

着る服を悩む人は多いと思いますし、意外にも悩む時間って長かったりしますよね。

その時間分脳に負担がかかっていると考えると着る服を固定するのは合理的ではないでしょうか。

まとめ

実際に私が行なっている生産性を高めるルーティンの紹介でした。

このルーティンのおかげで私は余計な決断をしなくなりストレスが減り、仕事のパフォーマンスも上がったと思います。

また、悩む時間がなくなったことにより今までより多くの時間も確保することもできました。

しかし、この記事を読んでくださっている人によっては、「朝食が毎日の楽しみ」や「毎日の服選びが幸せの時間」と感じている人もいると思います。

そういう人はこの方法の実践をおすすめしません。逆にストレスが溜まって生産性が低くなると思います。

あくまでも自分に合った方法を試していただけたら幸いです。

参考程度にしていただければと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました